ティフィンの微睡み

耽美主義者緑川かえでの原稿進捗。

長い長い原稿が終わった話

f:id:xxtiffin:20180422054543j:image

◼️今日はお休みなのですが、早起きする必要がない日なのに目が覚めたのが午前5時でした。いつもこうだったらいいのになと思います。笑  お早うございます、緑川です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。何気に2日連続で更新です。昔は書くことがないような薄っぺらい毎日を毎日更新していたので、よく日記に書くことがあったなあと変な感心をしています。背景音楽は耽美薔薇バンドのROSE。美しく生きていたいです。K氏のマドモワゼルと同じくらい、朝にこの曲を聞いていると楽しいです。前置きが長いですね。

◼️なんで今日も日記を書いているのかというと、長らく書いていた投稿用の長編原稿を書き終えたからです。やったね!書き始めた日の日付を1枚目の原稿を見て確かめたら、2年前の12月でした。途中で書くのをおやすみしていた時期もあったのですが、長いこと書いていたんだなあと、その話が終わったんだなあと、しみじみしています。このお話の大元の原稿を書いて賞に送ったのが、最初に書いたのが22歳の時でした。制作期間を考えると多分もっと前からこの話の原型はあったはずなので、とても長い間書きたいと思い続けていた話で、一旦投稿して終わったけれどもまた成長したら書き直したいと思えるくらいには思い入れのあるお話でした。終わったのだなあと、一夜明けて、達成感と、清々しい気持ちと、オールアップした主人公姉妹が先にクランクアップした登場人物たちと打ち上げとかしていたらいいなと思うくらい、穏やかな気持ちです。笑

◼️投稿して結果が出て、二次で落選した後もずっとくすぶっていたお話でした。私の気持ちやお話に対する思い入れがずっとなくならない話でした。きっとずっと、書きたかったテーマがあったのだと思います。いつも書いている話の耽美とは違う耽美を書いていて、エンタメ性もちゃんとあるのに、媚びて書いているような気持ちが全くない不思議な話だったのですが、そのことは大きな学びだったと思います。書きたいことを書いていると私の場合はエンタメ性ががりがりと削られていくのですが、この話に関してはそれが全くなかったので、他の作品にもこのよかった部分を反映していけたらと思います。そして登場人物全員に無駄がないドラマと関係性を決めて書くことができたのがよかったです。いつも構成には気を使っていて、プロットが緻密なことには地震があるのですが、今回はプロットだけではなく登場人物同士のエピソード・ドラマ・つながりがとても緻密に構成できていました。それだからか、ドラマがしっかりしている分だけ細部に組み込む情報や細かい台詞一つさえ、前振りや伏線が、突発的に思い浮かんでも話の大筋に加筆して全体の構成に破綻なく進んだことがすごいことだったと思っています。

◼️書くのに時間がかかった分だけ直すのも大変だったし、途中で気持ちを維持するのが大変だったときもありましたが、それ以上に、学びが多かった作品でした。今のところ公開のめどは立っていませんが、この達成感と、この話を書くにあたってよかったと思う結果は他の話のも反映して取り入れていけたらと思います。発表の際は見てもらえたら嬉しいです。

◼️あとは入力作業が残っていますが、これに関しては頑張るしかない……レポート用紙原稿140枚、全部で38場面でした。入力作業と並行して、次に書くお話の準備をします。次も改稿書き直しなので、土台ができている分、今回できたことをまたやっていけたらと思っています。

気分屋に効く薬がない

f:id:xxtiffin:20180421065247j:image

◼️土曜日の朝日記。早くおきても土曜日はお弁当を作らなくていいので、いつもより少しだけ時間があるので、もっと活用していきたいところです。お早うございます、緑川です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私は水出しコーヒーとドーナツをいただきながら、お話の設計図を作っていました。

◼️書き物の進捗はと言いいますと、投稿作のラストボスとの対峙場面に加筆が終わって、加筆分の原稿を編集の薄荷さんに回したところです。エンディングは少しずつ書いています。そちらの続きも書かないと。いよいよ終わるんだなあと思うと、不思議な気持ちです。なんて、こんなことを書きながら、次に日記を更新するときまでに書き終わっていなかったら笑えるな。

◼️合間に配信掌編のアイディア出しや、ようやく童話集の原稿に着手したりと(但しかなり遅いペース)他にも色々やっています。革命本からメモを取ったり。図書館から借りて延長もしたのに、メモは終わらなさそうです。一旦返却してまた借りることになりそう。火曜日が返却期限なのですが、それまで粘るつもりでいますがそれでも無理そうです。笑

◼️次に書くお話、長編の方は昔書いた話の改稿書き直しなので、大筋は決まっているのですが、それとは別に、その書き直しが完全に終わったら新しいものをそろそろ書いていかないといけないので、そちらも考えつつ、即売会用の話やカクヨム用の三主従の入力もしないとなので、そろそろ真面目に作業の優先順位をつけないとですね。いつも真面目なつもりなんだけれどな……(遠い目)それと、することを決めていてもその時の気分で変えてしまう癖を改善しないといけないのかなと思っています。仕事のように、という表現も正しいのか分からないけれど、今日はこれをする、と決めたことはきちんとしないといけないなと思っています。決めたことを遂行するためのツールも、用意しないとと言いますか、整備していかないといけないのかなという所感です。

◼️優先順位をつけると、全部が一番になりそう。笑

◼️最近、三島さんの作品に興味が出て来ました。私は耽美主義者を名乗っているのに三島さんも泉さんも読んだことがないので、何か読んでみようかなとふと思い立ったのですが、何か読みやすいところから始められたらいいな、なんて。私の書きたい耽美は、国内作家、国内で耽美派と呼ばれる方からの影響を受けていないので謎です。谷崎さんは少し読んだけれど、よく分からなかった……国外の古典、耽美派ではない方の作品の頽廃的なところがある作家さんから勝手に感じた『耽美』をガラパゴス化させてしまっている感じが否めないので、たまには王道でもないですが、有名な方の作品にも触れて見たい気持ちになっていたのでした(実行できるといいな)

◼️今日でネットプリントのバックナンバー配信期間が終わります。日付が変わるまで印刷できるので、興味がある方は印刷してみてください。二年目突入の第7号の配信は来月になります。

オレンジピールと最近の苦味

f:id:xxtiffin:20180418063538j:image

◼️やっとゆっくり進捗日記が書けるお休みです……いや、休みはあったけれど、疲れていたり、日記に認めるようなこともなかったりで何も書くことがありませんでした。お早うございます、緑川です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私はちょっと書き物をしてから、オレンジピールをお供に紅茶を飲んでいます。母が煮てくれました。余っているので、今日はオレンジピールのスコーンを作る予定です。楽しみです。

◼️昨日で、投稿作の佳境が終わりました。ラストボスを倒すところまで書き終わって、今編集に回しています。編集の薄荷さん(三主従本の巻末奥付を見ていただけると分かりますが、緑川の話を編集してくれている敏腕編集者です)が見てくれているので、書き直すとかも多少は入ると思って覚悟はしていますが、エンディングを書くところまでこぎつけました。長かったなあ。軍装の麗人スカーレットと王女メリルの話『白薔薇姫と荊の剣』、制作期間を考えると恐ろしいです。私が自分に緑川かえでという名前をつけて初めて投稿した話です。アイディア段階から考えると、どれくらいの時間を費やしてきたのかはもう分からないくらいです。まあこの話は無事に完結したらちゃんと書きます。直しが少ないといいなと祈るばかりです。

◼️掌編『荊棘塔地下書庫』の一年分のバックナンバー配信中です。なんだかたくさんの方に印刷していただけているようで嬉しいです。印刷用番号のお知らせは一つ前の記事に画像を添えてあります。粗筋も一言ですが、気になるものがあれば嬉しいです。ちなみに次号の分の原稿はもうテンプレートに流し込んであります。五月が待ち遠しく、さらに8号は何を書こうかと考えています。掌編のアイディア出しは、結構早いうちからしているのです。麗人の話が続いたから、次は店主氏にしたいところですね。

◼️即売会のお知らせがメールでいっぱい来る時期になりました。寂しい。『即売会に復活した時にはマカロンを持って冷やかしに来てくださいね』なんて言っていたけれど、即売会に戻れるのかが怪しくなって来ました。投稿作、カクヨム用原稿、隔月配信の掌編と書かないといけないものが並行していて、さらに次の話のアイディアも練らないといけない状況になり、即売会用の話のアイディアはたくさんあるのですが、本を出せるのだろうか?と思うことが増えました。最近はそのことで落ち込んでしまっています。即売会で私のイメージを作ってくれていた三主従の話で参加できないとなると、意味がなくなるのではないかとも思ってしまって。即売会用には麗人が主人公のスピンオフを企画中だったり、『L.M.D.N.』の中編を考えていたりもしていますが、、今は多くは語らないでおきたいと思います。しかし、フルタイムで働きながら原稿もたくさん書いていらっしゃる方はどうやって時間を作っているのだろうかと、尊敬の念しかありません……

 

 

バックナンバー配信中です

f:id:xxtiffin:20180415191214j:image

◼️ネットプリント 『荊棘塔地下書庫』の配信開始から一年経ったので、バックナンバーを昨日から配信しています。

期限は4/21までです。

印刷用番号は画像をご参照ください。

編集会議ののちの早起き

f:id:xxtiffin:20180407062635j:image

◼️書き直し箇所の書き込みが激しい原稿。昨日の夜に直したものです。編集の薄荷ちゃんと長い長い協議の末まとまりました。いよいよ物語の鍵となっていた重要人物にもクランクアップのときが来るようです。お早うございます、緑川です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。珍しく朝に日記を書いています。ここ数日はなかなか原稿にまとまった時間を使えなくて、特筆するような進捗もそんなにないのですが、最近は早寝早起きしているので、休日の朝を持て余して日記を書いています。

◼️なんだか投稿作が佳境すぎて、いろいろと思い入れや、改稿前の、まだ拙い話だった頃からのことを思い出すと、だんだん寂しくなってきました。まだ書き終わったわけでもないのに。20代前半ではじめて投稿して一次選考を通った思い入れのあるお話、その頃から考えると、制作期間は何年なのかと思って震えもありますが……形になったら、私の中で書きたかったことが一つまとまるのかなと、一個のテーマと私の経験と考えに一つの終止符を打てるような気がします。そう思えるくらい、私にとってすごい話です。

◼️これを書くのは脱稿してからでいいなと思うので今は詳しく書かないですが、私が書きたいことはいつもニッチ産業なので共感を得られづらいテーマになることが多いのですが、今回はその要素が緩和されているのに、書いていて媚びている感じがないのが不思議です。まあこの話は本当に書き終わったら総括としてがっつり書けたらと思います。楽しみです。

◼️今日は入力と、書き直し作業を終わらせて、エンディングに向けて話を進められるだけ進めようと思います。

 

Twitter考察あれこれ

f:id:xxtiffin:20180331193342j:image

◼️今日で3月も終わり、一年が四分の一終わることになる事実が恐ろしいです。今晩は、緑川です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。今日、某コンビニに行ったら、もう暖かくなってしまったせいか大好きなごまあんまんがなくなっていて悲しかったです……前置きはさておいて、記事の本題に移ります。

◼️最近、Twitterのタイムラインを追うのが煩わしくなってしまって、定期的に辞めたい病気には陥るのですが、続けている意味が分からなくなってきました。それならば此処でぼやいていないでやめればいいじゃないと思うのですが、もう個人サイトの全盛期は過ぎ、Twitterが主な連絡のツールになっていたり、即売会に参加するなら宣伝にも必要です。時代の流れに逆らってやめてみてもいいのですが、今後の活動のことを考えると、なければないで困ってしまう。

◼️現実的な話をしてしまえば、今の私にあまり余裕がないのだと思います。他の誰かの楽しいことを、温かい目で見て共感できないくらい、疲れているのだとも思います。『あなたは楽しくていいですね』みたいに頭の悪いことをもう自分は、汚れていて、愚かだとも思います。

◼️普通という感覚は人によって全く違います。誰かにとってはそれが日常でもそれを見たある人にとっては自分とは程遠いくらい眩しい、とても豪勢な暮らし・恵まれた環境・優しく温かい家族に映って、妬みや反感、苛立ちにつながります。誰を不快にしているか分からない。今の私はきっと、何を見ても悲しくなってしまうような状態なのだと思います。暗いことは極力書かないでいますし、数年前の自分ならば書いていたような愚痴や暴言も、今の私なら書くのを思いとどまって紙の日記に書いておしまいにできるようになりましたが……親しくさせていただいている方の中でも、タイムラインの書き方の口調があまり綺麗ではないのに私と話してくださる時に丁寧にしてくださる方が何人もいるので、どちらが本当のその方なのか分からなくて『タイムラインの口調だったら、現実の私なら関わらなかっただろうな』と、申し訳ないことに感じてしまう方もいます。

◼️現実でもネットでも、出不精で悲しいことではあります。

◼️また、Twitterに書く・書いて提供できるようなことが私にあるのかなあという疑問も出てきました。自著のことを書くのはいいのですが、そればかり書いていても鬱陶しいだろうし、何より私自身、執筆が順調な時は言いたいことが言えている状態なのでわざわざ呟くことがなくなるのです(なので自著について垂れ流して語りまくっている人を見かけると、そんなに話すことがあるのなら書けばいいじゃない、と思ってしまう。自著の話ばかりだとうざったいと思われるのではと考えてしまうのはこの気持ちが根深いからです)

◼️創作関連のノートや他の書き物について書こうかなとも思ったのですが、紙の日記や自分の他につけている記録は見せるようなものではないし、そうなると創作資料の解説みたいになってしまうので、それはそれで微妙な気がしました。上述したこととかぶりますが、そんな資料の話ばかりしている暇があるなら書けよ、と自分に思ってしまいます。

◼️勉強中のフランス革命のことや、敬愛するバタイユ御大の思想・作品についてはまだ語れるほどの知識も少なく、もっと勉強と研究が必要だと思うとまた話すことがなくなります……

◼️あとは、敢えてネットに上げていないようなこともあります。これは『ネットに上げていないこともある』と書く必要もないですよね。あげないのですから。笑

◼️私は学生の時は勉強が大嫌いでした。うっかり入った進学校でしたことといえば、体と心を壊したことと、女の子の友情の汚さと脆さを知ったことと、上手に嘘をついてライヴに行くことだけでした。残りの時間は全て、文章を書くことと鬱屈に歪むことに捧げていたと思います。誰かに対して、これだけは私は誰にも負けない、と自慢できることができるまで、勉強をしておけばよかったと、今になって思います。無名の個人が何かを発信するなら、そういう専門性があったら有益なのになと思います。

◼️語るに落ちるその前に、語ることが何もない。

◼️書くこと以外の全部を放り出して、勉強がしたいです。ネットのためにではないです。発信するということは、他の誰かにはない何かをプレゼンテーションすることだと思います。私はまだ、改善の余地と、励まねばならない領域があると感じました。

 

◇緑川(フォームメーラーのURLです、何かありましたらご利用ください⇨ https://ssl.form-mailer.jp/fms/8ff81c7a540242

 

広告を非表示にする

一年経っていたらしい

f:id:xxtiffin:20180324180221j:image

◼️創作用のメールに日記のサーバーさんから連絡が来ていて、なんと今日で、進捗日記『ティフィンの微睡み』が開設から一年が過ぎたと教えてもらいました。リニューアルしてからそんなに時間が経っていたのかと驚いています。見てくださっている方に感謝申し上げます。有り難うございます。

◼️写真は耽美ノートと、それを飾るために印刷して来た写真や、薔薇の一筆箋です。特に意味はないです。日記一周年を祝うのにちょうどいい写真がなかっただけです。笑

◼️相変わらず原稿作業をしつつ、敬愛するK氏のニューアルバムが届いたので、豪華版?みたいな高いやつを予約していた安定の緑川は14曲収録されているうちのまだ2曲しか聴いていません。シングルで出ていた曲はきいていたのですが、畏れ多くて勿体無くて、一曲を一週間くらいかけて聴いています。笑  全部聴き終えるのがいつになるのかは謎です。CDショップで予約していたので、おまけに大きなポスターやポストカード、チェキまで同梱されていて、音源以外にも目の保養でした。エミグレカードはライヴの時に何に引き換えてもらえるのか今から楽しみです。

◼️原稿は直した原稿をさらに直していく作業が重なり、なかなか先へ進めないでいた状態から何とか脱却しました。ようやく次の場面の直しにかかることができます。投稿作がこれでまた一歩前に進んだ気がします。あと数場面直したら、またオリジナルの方の執筆にかかることができるので、ちょっと他の原稿はお休みしつつ、頑張りたいと思います。掌編のアイディアは練るけれど。

◼️それと、カクヨムの方に去年某新人賞の一次選考を通過したオーギュストの長編をアップしていくことにしたので、そちらもよければ読んでみてください。短編バージョンとは違う展開とボリュームになっています。楽しんでいただけたら嬉しいです。

◼️原稿に疲れたら調べ物をしたりしつつ、充実しています。投稿作は完結させられるように、今は締め切りよりも完成度の方を優先して書いていきたいです。