ティフィンの微睡み

耽美主義者緑川かえでの原稿進捗。

自戒と思想

f:id:xxtiffin:20170409233402j:image

 

今晩は、緑川です。
皆さんは如何お過ごしでしょうか?

緑川は調子の悪い休日を、自分に優しくしながら過ごしていました。
基本日曜日は休みなので、日曜日だけはお昼寝をしたりもします。
原稿はレポート用紙六枚書いたけれど。
作業は程々にしてノートを書いたり、ねこの動画を見たり、、
あとは三主従本を読み返していました。主人と伯爵刑事の戦闘場面の会話が我ながらいい感じにそれぞれのキャラクターが現れていて上手く書けたかなという自画自賛です。


……私は私が好きで書いているものを面白いと思って書いてはいますが、私が書くものは王道ではないし、万人受けしないと分かっています。ニッチ産業。
でも頑張って王道な話を書こうとしても歪むだけで上手く書けることはない。
王道と万人受けを目指してぐちゃぐちゃにしてしまうくらいなら、自分で新しいジャンルを作るしかないし、その方がずっといいです。
勿論、商業的なことを考えるとお話は売り物ですから流行りは考えないといけないけれど、、

もっと書いて、勉強をしないといけません。
次の文学フリマ東京で活動休止を決めたのはよかったかもしれません。
書かないと道は拓けないし、結果が出ない努力は見直す必要がある。
でも頑張ることさえ楽しめないならそれもまた見方と取り組み方を考え直さなければいけない。
ただ、苦しんで書くことは何の美徳でもなく、苦しさはそれぞれだけれど私は苦しんで書くことを素晴らしいとは思いません。綺麗なものと醜いものは好きですが、綺麗事と泥臭いことは私は好みません。

 

今日は無駄にお喋りでした。
愚直に書きます。
尚、私は自分への戒めを綴っているだけなので、私の思想のフォロワーになることは誰にも強いていません。
私が思うことが自分には合わないと思われた方は、ページを閉じることを推奨します。

 

緑川