ティフィンの微睡み

耽美主義者緑川かえでの原稿進捗。

虚構の住人(お知らせ等)

f:id:xxtiffin:20170522204651j:image

今晩は、緑川です。
皆さんは如何お過ごしでしょうか?
今日はお知らせと、アンケート的なことをちょっと書きます。
その前に進捗ですね。

現在は投稿作をひたすら書いています。
68枚終わりました。
規定枚数に足りないかもしれないので、早めに進めて書き足す時間を作りたいところです。
進捗は以上です。短いな。

 

★『危険ロリータ』公開中止・撤去のお知らせ。
題の通りです。
即売会で図らずも好評な?ご感想をいただいたりイラストを描いていただいたりと著者が一番驚いていますが、このたび公開中の『危険ロリータ』を全面改稿のために公開中止します。
書籍化されるかは未定ですが、投稿作になる可能性もあります。
代わりに、来月からは『ある作家の虚無』というお話を公開開始します。
かなり以前に某S大賞の一次選考を通過した話です。

 

ネットプリントにて、何か楽しめるような記事的なペーパーを配信したいと画策しています。
これも題の通りです。
今、ちょうど掌編配信していますが(明日が最終日です!)、いつか雑誌を作りたい野望があることと、緑川には虚構の場所に住まいが必要だと思ったことが発端です。あとは手帳の内容を配信している方を見て、手帳がいいならこういうものもありかなと思ったからです。
緑川は物語だったり進捗日記だったり何かしら作って配信し続けて、緑川と名乗る場所がないと苦しくて仕方がない、『緑川と呼ばれて緑川と名乗る、非現実の中に呼吸する場所を見つけないと現実で息ができない』のです。
私は虚構の中に、生きたままの自分でありながら別人の名前を得てしまった。私はフィクションに拉致されたようなものなのだと思います。本来いるべきはずの現実で本当の名前を名乗ることがつらく、嘘をついているように感じるようになっていました。いつからそうだったかは覚えていません。
苗字で名前を呼ばれても、私を呼んでいることがわかっていても上手く顧みることができません。


……可笑しな話なのは承知しています。でも私は虚構の住所に家を借りてひっそりと暮らしているような自分が好きです。
そう思ったら、物語以外のものも発信したくなりました。
努力こそ惜しみませんが時間を作れるかはわからないし、どんな内容になるかも分かりませんが、私の創作や創作に携わるもの、身の回りのこととかを記事の真似事からはじめて、見てもらえたら、私を知ってもらえたら、『緑川かえで』と名乗る世界があれば私が楽しいのです。
どうせなら楽しく、自分が楽しめるように過ごしたいのです。それが誰かの暇つぶしや厚かましく言えば楽しみになってくれたら、とても嬉しいのです。
小さい頃から、何か作るのが好きでした。工作、お裁縫、折り紙、他にも色々あります。
その延長のようなものです。

 

よくわからない前置きが長くなりましたが、もし、その記事ペーパーに『こういうことが書いてあったら嬉しい、これが知りたい、こういうことが書いてあったら楽しそう』という題材やテーマなどがありましたら、是非教えて欲しいのです。
ないかもしれないし、全てに応えられるかは分からないですが、私が私を考えるきっかけになったり、誰かに少しでも、虚構の住所から手紙を書き続ける私を知ってもらえたら私は嬉しいのです。

フォームメールや、連絡用のアドレス、twitterからでも構いません。
記事に書いて欲しいなーなんてことがあったらこっそり教えてください。
此方は完全に不定期配信になりますが、配信前にはアナウンスします。

 

……支離滅裂だなあ、こんなこと言っていたら、笑われてしまうかな。
でも私は、笑われても構わない気もします。私を知ってもらえなければ、くだらないと思われることすらなく終わると思うと、笑って批判するひとでさえ、何かしら縁があったのかしらと思うことがたまにあります。

 

緑川