ティフィンの微睡み

耽美主義者緑川かえでの原稿進捗。

進捗がないかなしみと疲弊

f:id:xxtiffin:20170623232142j:image

今はきっと誰が亡くなっても悲しくて、何が触れても苛立ってしまう時なのだろうかと思う今日この頃。
今晩は、緑川です。
皆さんは如何お過ごしでしょうか?
緑川はアレルギー症状がよくなりません。
写真は資料ノートです。やっとつくりはじめた三部作の資料まとめにつかいます。何気に百均で買ったものですが、お洒落で気に入っています。

進捗をと思うのですが、今日は何をしていたのか思い出せません。
朝、Twitterのニュースを見たら、私が勝手に素敵だと思っていた方の訃報にあふれていて、泣いていました。
自分の疲れもあったのか、本当に、誰が亡くなっても泣いていたのかもしれませんが、綺麗で素敵でかっこよく思っていた方が亡くなってしまってとても悲しくて、スマホを見たくなくてニュースも見ていません。
以前、私が幼少の頃に遊んでくださった祖母宅のご近所さん姉妹のお母さまが亡くなった時も、とても虚しくなってしまったのを思い出しました。
でも、私はその方々の家族ではないし友人でもない。もっと泣きたくて悲しんでいる方がいるのに私が泣くのはおかしい気がして、ようやく作業をしたりしています。

体調崩していたり、そのせいで気分が悪かったり、更にそのせいで進捗も滞っていて気分が悪い悪循環。
書く場所がないので此処に書きますが(Twitterだと私が把握しきれない数の人たちの目に触れて気分を害してしまう恐れがあるためです)、家族という存在がとてもとても重たいです。
鞄に入れておけるものが限られるように、持てるものにも限りがある。
家族の話を楽しそうに語る人は、私個人は配慮のない人だと思ってしまいます。誰もが満たされた家庭に生まれ育つ訳ではないからです。
私の話ですが、私は父親と仲が良く父親に想われているひとには私とは絶対に住む世界が違うくらいの距離を感じます。
……体調よくないと暗いことばかり書いてしまうのでよくないとは思うのですが、頼って愚痴って解決できるような問題なら私はとうに誰かに話しているし、話したところで助けなんて来ないのだから、私は一人でいます。

一人だと、寂しくないですから。

 

緑川