ティフィンの微睡み

耽美主義者剣城かえでの原稿進捗。

五月になったので迫る誕生日に怯える

f:id:xxtiffin:20180505190329j:image

◼️原稿の入力が忙しかったり連休で祖母宅へ行っていたり体調を崩していたりして日記がすっかり止まっていました。もう五月ですね。写真は四万川ダムです。妹氏が見に行きたいと行ったので、緑川の母と妹氏と行ってきました。なんでも、プランクトンの影響で真っ青な水のダムだそうで、写真では分かりづらいのですが、とても綺麗な青色の湖のようでした。私の連休は三日間だけだったのですが、その後半から胃が不調で、今もまだ違和感が残っていますが、最悪の状況からは脱したと思っています。まだ全快ではないのですけれど、無理のない範囲で過ごしています。前置きが長い。

◼️前回更新の記事の後はひたすら入力作業をしていました。その甲斐あってか原稿は今、出力見本を印刷して直して、送るデータは整いました。なんとか間に合ってよかったです。明日にでもデータを送ることにします。

◼️長いこと時間をかけていた投稿作が終わり、潜伏期間といった感じで過ごしています。短い原稿をちまちま書きながら、次に投稿する話を、長編は何を書くかで迷いながら、いろいろなお話を並行して練っています。まだ次に着手する話は未定なのですが、いくつか候補をあげながら資料を書くつもりです。編集の薄荷ちゃんとも協議の予定です。燃え尽きたわけではないのですが、資料や勉強が足りなくて書けないお話のアイディアもあるので、もっと勉強しようと思います。今はどのアイディアもまだ中途半端なので、潜伏期間を満喫しようと思っています。掌編とかは、書かないといけないものがいくつかあるので、書くものがあるのは嬉しいです。

◼️インプットもしていかないとなと思っています。私は国内の作家さんのお話はほとんど読まないのですが、先日興味深い題名の小説に釣られて図書館で借りてきました。せっかく潜伏期間で締め切りも特に設定していないので、読書をもっと頑張ろうと思います。私は本はあまり読まないので、ちゃんと読書する癖をつけないといけないです……お恥ずかしい。

◼️余談なのですが、投稿すれば選考を通らなくても評価シートがもらえる新人賞に三主従本のお話を送ってみようかと考えています。評価シート目当てです。笑  どんなことを書かれるのかが気になって、たまには邪な気持ちで送ってみるのもありかなと……何を書かれるのかな、という怖いもの見たさみたいな気持ちです。何か改善のヒントが見つかるかもしれない、、という淡い期待を込めて。

◼️潜伏期間でがっつり打ち込む大作がなくなってしまい、日常の些事に苛々する余裕ができてしまっていて、出先の同僚に苛立ちを向けてしまう自分に対して『そのエネルギー勿体無いよ、書くことに使いなよ!』と心の中で叫ぶ毎日です。緑川と創作の話をしてくれる緑川の優しいファンのお嬢さんとかいらっしゃらないだろうか……馬鹿なことを言っていないで、自分に集中しようと思います。