ティフィンの微睡み

耽美主義者緑川かえでの原稿進捗。

地味な進捗と大切な気づき

f:id:xxtiffin:20180811105244j:image

◼️数日前の写真。ちょっとスマホのカメラの調子が悪くて、写真がとれていないので近影?を貼りました。近々修理屋さんに見てもらわないと……

◼️落ちこんでいたり、ぼんやりしたり、体調が悪かったりして、ここ数日の進捗も、進捗日記に書くような面白いものは特にありませんでした。

◼️なんていう例えが一番いいのか……『水面下での作業』もしくは『根を伸ばす作業』を進めているという感じが妥当かもしれません。進捗はあるのですが、地味なのですよね。日記に書くような進捗ではない。笑

◼️原作が好きでずっと買っていた漫画版の完結巻を買いに行ったり、『伝えること』そのものについて考えていたり。先日、ありがたいことにホームページからメールをいただいて、それをきっかけに三主従本を読み返してみたら、文章が読みづらくて読みづらくて笑いました。もちろん、この現象は三主従本に限った話ではないでしょう。また一つ、文章の書き方について見直す時期がきたのかなと思うと、とてもありがたい気づきときっかけを頂いたと思います。三主従面白いのですが(自分で言う笑)地の文が読みづらくて、書いていた当時には分からなかったけれど、私には伝える努力が足りない。もっと分かってほしい!そのためにできることはきっと、たくさんあります。少なくとも私はそう思います。『これが私の書き方だから、分かってくれる人だけがわかればいい』それでは肝心の『分かってくれるひと』も楽しんでくれる人も増えていかない。

◼️長いこと私は、自分の傷を癒すためだけに文章を書いていたから、この癖を直していくのにはとても時間がかかると思っています。でも、できることはきっとたくさんあると思うので、遅々とした進捗に苛立つこともありますが、今は根を伸ばす時期なのだと思いながら基礎に立ち返りたいと思います。