ティフィンの微睡み

耽美主義者緑川かえでの原稿進捗。

泣くときも笑うときも一人でいい

f:id:xxtiffin:20180902202752j:image

◼️記事名に特に意味はありません。笑  本当はラジオの収録をしたいと思っていたのですが、低気圧のせいか台風のせいか不明ですが、明るく真面目に話せるテンションではなかったので今日はやめておきました。それにもう少し、いくらツイキャスよりも時間が短いとはいえ話すことをまとめて考えておきたかったので、今日では無計画かしらと思い……せめて日記だけでも書こうと思い立ってこれを書いています。

◼️進捗の方はと言いますと、長い話のアイディア出しと言いますか、骨子のような第1案のようなものを書き上げました。昨日の夜の編集の薄荷ちゃんに見てもらい、編集会議ののち意見をいただいて、今は参考になるかもと教えてもらった本を少しずつ読んでいます。

◼️未完成とはいえ、わだかまっていたアイディアを一つ、ざっくりとした形にして頭から一旦追い出したので、これで違う話のことも考えられそうです。今回の話はサブキャラクターに難色を示されたので、もう少しキャラクターを煮詰めるところから、思考の冷却期間が終わったら着手しようと思っています。

◼️そして、隔月配信のネットプリント掌編『荊棘塔地下書庫』第9号の配信の用意ができたので近々改めて印刷用番号などを告知しますね。結局ラシェルくんの話に落ち着きました。長年私の書いたものを読んでくださる方には懐かしいかもしれないと思いつつ、まだそこまで触れていないよという方には狂気以外伝わらない相変わらず感想や読後感を書きづらい話になりましたが、もし印刷してくださった方で、『印刷したよ!』とご報告を寄せてくださる方がいらっしゃいましたらお気軽に。サイトの方の連絡ツールだとフォームメーラーさんからお借りしているメールしかないのですが、もし私のTwitterが見れる方は固定ツイートに匿名でメッセージが送信できるマシュマロというサイトにリンクをつなげてあるので、ご一報いただけたら嬉しいです。

◼️私はホームページを持っていなかった頃は、感想が自分の見当違いだったらどうしようとか、短い感想は逆に迷惑なのかなとか、考えすぎて何も送れなかった時があるのですが、今の私は『書き上げた作品は作者の手を離れて読者の手に渡り、それぞれの解釈のもと作者が考えていたものとは全く別の見え方になって届く』と思っているので、私が意図していなかった感想をいただいたときは『そういう見方や意見があるのだな』『そういうふうにも取れる表現だったのか』ととても勉強になります。

◼️私は感想をいただくと、その感想をまず有り難く拝読してから、感想に書かれていたことを自分の中で別の解釈にして自分の文章の欠点を探すこともあります。例えば、『色々な人物の視点から話が読めて面白かった』ととても昔に感想をいただいたことがあったのですが、裏を返せば『まだ視点移動が多い』『もう少し一人の人物に視点を固定して感情移入しやすい文章を書く余地があるな』と思うときもあります。感想や反応は、嬉しいだけではなくて、とても勉強になるのです。

◼️無反応も反応だと思っていますが、簡単にいただけるものとは思っていないけれど、感想をいただくと私は二重の意味で嬉しく思います。

◼️色々書きましたが、ネットプリント掌編、読んでいただけたら嬉しいです。