ティフィンの微睡み

耽美主義者剣城かえでの原稿進捗。

半年と12月な話。

f:id:xxtiffin:20181201071701j:image

◼️やっと外が明るくなってきました。もうずっと寝るのが早くて起きるのも早いので、日が短くなった分だけ起きた時外が真っ暗なので、のんびりと明るくなるこの時間が好きです。夏はとっくに暑い時間ですけれどね、不思議です。でも、12月なのにそこまで寒くないので12月になった気分になれない。笑

◼️さて、今日から12月。私の環境が激変してから半年ほどがたちました。原稿を書く時間が減ってしまったり、今までの自分の中にないようないい話が書けたと思ったら、その話の完成度が高すぎて、その後に何を書いても『こんな話では読んでもらえない』という強迫観念の中に陥り、今もまだ抜けきってはいません、という振り返り。でも、毎週の目標を立ててフィードバックしたりと、建設的に書くことに取り組めるようにもなったし、以前よりも無くなった時間をどう活用するか、アウトプットを少しでも増やすにはどうしたらいいかを考えられるようになった半年。こういう話を書くにはまだ早いような気もしますが、なんとなく書いてみました。

◼️◼️◼️今週の目標と進捗◼️◼️◼️

1、長い話のプロットを2場面分書く。

⇨1場面は書けた。引き続き進めていく。0ではなかったことを評価する。

2、某短編のための資料。ノートに書く。

⇨懸念していた作中オリジナルの概念についてまとまった。よかった。話の骨子も少しずつ出来てきている。短くまとめるのにどういう話にしてどういうキャラクターが必要なのかを考察。

3、ネットプリントアイディア出し。

⇨アイディア出しそのものは2種類終わった。今作業中の長編から一つ、『L.M.D.N.』から一つ。最近ネットプリント掌編の方に麗人があまり登場していないので迷うところ。今のところだと、没原稿を直すという選択肢も含めるとアイディアは三つ。麗人と店主氏の幻想的な話、危険ロリータの少女主人カテリーナの話、店主氏一人の寂しい話。どれにするか決めかねている。

4、(以下はルーティーンワーク)散文『薔薇廟』をできるだけ毎日書く。制限時間は15分。

⇨よほど疲れているか用事がある時以外は書けている。このまま自分のペースで続けてアウトプットしていきたい。

5、アウトプットノートを書く。

⇨今週は週前半が落ち込み気味でよかったことを見つけられなくて何日か書かなかった。進捗日記を毎日書かないことにした分、こちらにも制限時間を設けるかしてできるだけ作業時間を原稿作業の時間に回したいと思う。

 

◼️……といったところです。長い話がもっと加速していくように、来週からは作業していきたいところですね。

◼️関係ないですが、買っておいた来年の手帳が、マンスリーの部分だけ今日から使えるのが嬉しいです。楽しい予定も増えるといいな。