ティフィンの微睡み

耽美主義者剣城かえでの原稿進捗。

文フリ東京出展のお知らせと雑記とバックナンバー配信

f:id:xxtiffin:20190421075522j:image

◼️文フリ東京サークル参加のお知らせ◼️

文学フリマ東京にサークル参加いたします。

サークル名『紅茶会事変』

スペース番号『ソ22』

頒布物『三主従 薔薇という崇高甦る焔の仮面(新装版)』1800円

           『レテの水(掌編集)』800円

剣城一人での参加になります。お話に来てくださる方をお待ちしております。テキレボで配布したものと同じではありますが、無料の三主従パンフレットやペーパーをお渡しします。三主従本をお迎えしてくださった方にはポストカードをお渡しします。是非いらしてください。

 

会場『東京流通センター』11時から17時まで

 

◼️順調にいけば掌編集『レテの水』も頒布できる予定です。お早うございます、剣城です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。文フリ東京の告知のために更新時間が5月5日になっていますが、実際にこれを書いているのは4月21日の朝です。笑

文フリは私しかいないけれど紅茶会なので、お茶に来てくださる方をお待ちしております。

◼️近況と言う名のアレルギーアタック。

アレルギー症状がひどくてついに耳鼻科を受診しました。いまはだいぶ楽になったのですが、一生アレルギー性鼻炎の烙印を押されて帰ってきました。笑  私が美しい花のことをどんなに美しくて素敵だと思っても、花は私の敵らしいです。面白い先生だったな……

◼️書き物のあれこれ。

停滞していたあれこれがやっといろいろ動き出してきたような感じがしています。散漫としていたり、思うように書けなくて苛立ったりしていたのですが、私がいま一番書いていて楽しいものはなんだろうと考えたりした結果、麗人、店主氏、ラシェル君の話の三つくらいのアイディア出しを並行してそれなりの作業量を出せるようになりました。まだまだ並行状態から突き抜けて進んでいる話が出てきたわけではないので、どれから書き出すのかは未定な感じではありますが、無理に読み切りにこだわらず、長い連作になっても長編連作としてでも書けるような要素がないと私が楽しめないかなと思い、気にしていたことを一旦無視することにしました。やはり自分が楽しめないことが一番よくないし、私は短い話を書くのがどちらかと言うと苦手なので、もっと好きにやって、長い話のアイディアを貯めておこうと思った次第です。長編の制作に光が見えてきたような思いです。

ありがたいことに、応援してくれるお友だちと話して、うだうだしている場合ではないと、まず何をするべきかがわかったり決まったりしたわけではないけれども、書かないと始まらないと、当たり前のことを気づく元気もなかったのかなと思ったりして寂しくもあったり嬉しく思ったり。気づけたら変えていくまでの行動に移すまでが早いことを私は私の長所だと思っているので、楽しさ以外の、頭が硬くなってしまうようなことはちょっとしまっておくことにしました。いきなり捨てるのは難しいので、そこから始めようと思います。

◼️私は謝礼だと思っているのです。

敬愛するミュージシャンであるK氏の夏ツアー初日のチケットが当たったので、謝礼をお支払いしてきました。金曜日だけれど平日です。私は生きて帰ってこれるのだろうか。3月のライヴ予定を組んだ時も大丈夫なのかと思ったのですが、夏の平日に3日連続でライヴに行って、数日後の金曜日にまたライヴに行って、8月の2DAYSのライヴもチケット取るつもりだから私は正気の沙汰ではないな……(遠い目)まあ、なんとかなると思うことにします。笑

◼️ネットプリントバックナンバー配信。

f:id:xxtiffin:20190421081947j:image

期間は4月27日までです。2周したので、まずは一年目のものを再配信しています。全国のセブンイレブンのマルチコピー機で印刷できます。A4モノクロ一枚20円です。2年目の分は27日の配信期間が終わったらの配信を予定しています。新しく私を知ってくださった方にも見て欲しいです。あと、筆者の名字が変える前なので緑川になっていますが、私が書いたものです、と一応。

印刷のご報告やご感想はいついただいても美味な食べ物なので、いつでも何処からでもお寄せください。サイトのメールからでも、匿名が良かったらついったーにたまにですが手動でマシュマロの窓口を載せているのでそちらをご活用ください。ふつうにリプライでも嬉しいです。

◼️note

クリエイターSNSという敷居のたかそうなところで少しずつ書いていたりします。フォロワーが増えなくてびっくりです。厳しい世界だなあと思ったり、お前の更新頻度が低いんだよとも思ったりしています。まだ活用方針が定まっていないので、何か決めて発表していける記事も増えたらいいなと思いつつ。

◼️散漫とした記事になりましたが、楽しみなことが増えたり、元気をもらったりと、嬉しいことがたくさんです。