ティフィンの微睡み

耽美主義者剣城かえでの原稿進捗。

新刊麗人本が届いた話と長い話の初稿の話、10周年の話

f:id:xxtiffin:20190922104512j:image

◼️だるい連休を過ごしております、剣城です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

今回の日記の記事は、準備中のファンボックスの進捗日記からの部分抜粋になります。全文はファンボックスに載せる予定です。進捗日記・詳細版は300円の有料プランですが、最初の記事は全体公開にしているので、ファンボックのページにリンクをつなげたら読めますので、改めておしらせしますね。

 

◼️写真。

写真は三主従本と、先日届いた新刊麗人本こと『ローズ・ロスト』です。文庫52ページ1000円です。あまり刷っていないのと、本の価格設定を見直したので薄くて高い本ですが、とても美しく面白く、麗人が薔薇無双している話なので読んでほしいです。テキレボの準備は残すところ、無料配布の印刷とポストカードと名刺サイズのカードを注文するだけとなりました。不備がないように気をつけるだけですね。

 

◼️長い話の初稿が終わった話。

長らく書いていた長編『ラヴィアンルージュの死脈』の初稿が9/12に完成しました。

原稿の枚数はレポート用紙で101枚です。だいたい10万文字くらいでしょうか。

執筆開始したのは6月の初めあたりだったのですが、即売会用の原稿『ローズ・ロスト』もこの期間中に書いていたので、厳密に言うと3ヶ月弱くらいで書いたのかな、といった感じです。


『ラヴィアンルージュの死脈』は三主従本『三主従薔薇という崇高甦る焔の仮面』を読みやすい新装版にするに当たって、初版を買ってくださった方でもまた買って楽しめるように、第2版に初めて収録した短編『ラヴィアンルージュの死脈薔薇廟の眠り』という短編を、構成を練り直して新しい要素を加えて長編化した、麗人が主人公のお話です。

完成したとはいえ、まだ初稿段階なので、今はお休みの日に原稿を5枚ずつ入力しています。

1ヶ月はかかるかな、といった計算ですが、入力をしながら直している時もあるので、ある意味推敲未満の作業もしています。

書き上げてみて、書いている途中にも伝わる文章はどう書けばいいのかなど、とても初歩的ではありますがいろいろなことを考えていました。考え事のおかげか、気づきが多かった作品になってくれたので、推敲する時に反映させていけたらと思っています。

 

長編版『ラヴィアンルージュの死脈』は投稿用なのですが、何処に送るかは具体的に決まっていません。

私の作風と全く違うレーベルには送らないと思いますが、推敲が終わったらそこもしっかり決めようと思います。

 

◼️来月の15日。

10月15日は剣城のオンライン活動10周年とホームページ『L.M.D.N.』の10周年記念日です。

サイトを始めたばかりの頃が懐かしく、十年も活動を続けていられていることを嬉しく思います。ひさびさに店主氏とアンナちゃんの短い話を書いたりしていたので、記念日に公開できたらと……計画していたのですが、15日は帰るのが遅くなりそうなので、翌日が私のお休みだということもあり、16日にお祝いをしようかなと思っています。

楽しみです。その前に10月は敬愛するK氏のライヴとテキレボがあるので、楽しいことがいっぱいで嬉しいです。テキレボ、たくさんの方に耽美本をお迎えしてもらえるといいなー♡