ティフィンの微睡み

耽美主義者剣城かえでの原稿進捗。

壊れそうな薔薇を抱えて

f:id:xxtiffin:20191124093911j:image

◼️寒い雨が降っていますね。でも、私が住んでいるあたりは静かになってきました。今日は文学フリマ東京ですが、剣城はおうちにいます。文フリについては後ほど改めて書きますね。最後までお読みいただけたらと思います。写真は久々に麗人本を。麗人本はテキレボが中止になったために即売会での頒布はまだなのですが、ありがたいことにお友だちがお迎えしてくださったり、通販のご利用をしていただいたり、母の知人が欲しがってくださったりと、何冊か流布されています。母の知人に麗人の話を読ませるのは忍びない気もしますが、麗人本は耽美主義なのでよしとします(?)

 

◼️近況。

昨日はお友だちと創作ティータイムでした。楽しすぎて食べたものの写真はありません。笑

f:id:xxtiffin:20191124094444j:image

お友だちが文房具を買いに行くのについて行って、壊れ物に貼るフラジール柄のマスキングテープに心惹かれて買いました。ちなみにフラジールはフランス語の発音です。英語だとフラジャイルですが、私にフランス語をかじっていた期間や影響をうけていた期間が長かったりという理由でフランス語の発音で書いています。フラジールという響きが好きです。隣の赤いやつはファンデーション。インスタで紹介されていたのを見て気になっていたから買ってみました。ちょうど今使っているものがなくなりそうだったのです。

 

◼️進捗。

1、カクヨム出張版『ローズ・ロスト』

週末の終末を断頭台にかける麗人掌編オムニバスは、今日の更新で8幕になります。連番を振っているけれども、別に何処から読んでも構わない形式なのですが、お話が増えて嬉しいです。また夜になると更新がついったでお知らせされるので、チェックしてみてくださいね。

掌編オムニバス版の麗人はコンスタントに原稿を書いているのですが、アイディアが尽きないので、骨組みができている未執筆原稿が6話分ほど渋滞しています。麗人が渋滞しています。

2、長い話の推敲。

1回目の推敲が終わりました。1回目は全体を通して読んで、まず誤字脱字誤変換を探し、前振りと伏線の箇所を確認して、内容に矛盾がないかを通読したところで終わります。本当は予定では今週中に2回目の推敲を終わらせる予定だったのですが、ちょっと終わらないかもしれないので、来週に持ち越すか今日頑張るかを悩んでいます。

3、投稿作。

旧題名『危険ロリータ』の完全改稿をしています。ファンボックスでは新しいタイトルを公開していたのですが、方針を変えてファンボックスは凍結することにしたので、こちらでも新しい題名を発表しますね。

『危険ロリータ』⇨『阿片嬢ドミナトリクス』

です。おどろおどろしい。笑 キャッチーな雰囲気は捨てました。原稿は今13枚目を書いています。お友だちが、阿片嬢〜の主人公である少女主人カテリーナをとても推してくださって、イラスト資料をありがたいことにたくさんいただいているので、頑張って可愛い衣装の細部まで描写したいです。

 

◼️ファンボックスをつくったのに凍結した話と新しいブログを作る計画について。

投稿作のくだりで触れましたが、ファンボックスで有料のことを発表するよりも、無料でばしばしと耽美思想を布教して皆様を毒したいと思ったので(他に言い方はないのか)新しくブログを作ろうと思っていますブログを作ろうと思っています。記事を少し貯めて、ヘッダー画像とかを用意したり、多分はてなブログの有料版にすると思うので、準備していくことがあります。きりよく来年から始められたらいいなという希望です。そちらがメインブログとして耽美思想やエッセイ、観た映画から思った美についての自論などを展開したりといった耽美主義ブログにして美を発信していくための場所にするので、この日記「ティフィンの微睡み」が日常を書くだけのサブ日記みたいになると思います。公開開始したらお知らせするので、読みに来てくださいね。しかし新しいブログの題名が決まらない……笑

 

◼️来年の春の文学フリマ東京に参加します。

今日は秋の文フリ東京ですが、文芸結社『紅茶会事変』は来年5/6の文学フリマ東京にサークル参加いたします。参加者は首謀者のわたくし剣城と、最高幹部の可不可ふかふかちゃんです。

私はテキレボで頒布できなかった麗人本『ローズ・ロスト』を持っていきます。新刊を作るかは決まっていません。年に一回になったテキレボに合わせて新刊を出す予定だったのですが、今回は台風という事態で新刊の頒布ができなかったので、文フリで本を出すかは予定が白紙です。ふかふかちゃんは本を出すそうなので、今のところ私は宣伝部長になる予感です。

麗人本も、三主従新装版も、幻想童話集も、お迎えしていただいた方に必ずお渡しするのべるてぃがあるので、是非いらしてくださいね。差し入れもおしゃべりも大歓迎ですよ。