ティフィンの微睡み

耽美主義者剣城かえでの原稿進捗。

書いていたり、随筆の種をまいていたり

f:id:xxtiffin:20191214065739j:image

◼️空が、幸せな水色をしてきました。

寒いけれど、冬は朝が一番好きかもしれません。温くなったコーヒーも、美しくなれる。お早うございます、剣城です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。写真は以前ついったに載せた使い回しですが、麗人掌編の試し刷りです。原稿としては最新ですが、今週の更新はこの話ではありません。明日、日曜日の夜をお楽しみに。

 

◼️近況。

特筆すべき変わったことはない1週間だったかな、と思います。使っているラインスタンプのキャラクターちゃんの文房具を買いに2年ぶりくらいに池袋まで行ったくらい。出先から意外と時間をかけずにいけたので、普段はあまり乗らない路線の電車だったのですが、便利だなあと思っていました。

近況なのかは曖昧な話なのですが、最近(ここ3日くらい)ついったのTLを不在にしています。気付いた方もいるかもしれない。私はすぐ情報過多で容量を食ってしまうのですが、その傾向はわかっているので、あまりたくさんの方をフォローできません。素敵な方々だから見ていたいと思ったりしても、疲れているとどうしても無駄にSNSをみて生産性があることをしている錯覚に陥って時間を無駄にしていたり、嫌なニュースに図らずも触れてしまったり(検索のトップページに画道や動画でニュースを出さないでと思っている、嫌でも目につくことに消耗したくない)数字を見て比較してしまうことに疲れたりしていたので、TLは見ないで書きたいことを書いています。検索ページが、私にとっては本当に改悪だったので、見たくないものに触れて精神衛生を崩すよりはいいかなと思っています。どんなに素敵な誰かの楽しいことが、その時の私が必ずしも楽しそうだなあと受け取れないのなら、最初から見ない方がいいですからね。逆も同じです。精神衛生が全て。素敵な方の楽しい時間には、共感していたいから。

書き込みの内容が少し変わったことに関して、もしかしたら気付いた人がいるかなとも思いつつ、気づかれていなくても大丈夫なので、いつまでこうするかは決めていないのですが、もう少しのほほんとしていようと思っています。エッセイの種のようなものばかり書いていますが、作業机の様子も相変わらず載せていますので、気が向いたら見てやってください。

 

◼️進捗。

・散文『薔薇廟』

ここ2週間、散文『薔薇廟』を週4で公開できていることをいいことだと思っています。作業効率化、でもないですが、散文には実はお題のようなものを用意していて、それの準備を以前は毎日していたのですが、準備が面倒で書かない日がありました。『準備が面倒』という動機でやらないことをすごく嫌なことだなと思って、続けられる方法を考えていたのですが、2週間前から週末に4日分のお題を全部書き出して、1日分の要素をカードにまとめておくことをして1週間の作り置きのようなことをするようになりました。そうしたら続いています。テンションに左右されずに。準備と言いますか『決める』ということが意外とカロリーがいる作業なのですよね。何をお題にしようかな、とか、その程度の選択であってもです。時間が少ない平日にそれをやっていたら、疲れている日は負担になるだろうとようやく分かったので、まだ次で3週間目ですが、ルーティーンとして負担なく当たり前の行動になっています。いい工夫でした。『薔薇廟』はTwitterにアップしているので、よかったら読んでみてください。タグで過去の分も遡れます。

・少女主人の話、長い話。

レポート用紙原稿で25枚まで書きました。少女主人カテリーナと2人目の危険な女の子の登場場面まで差し掛かりました。でも、ここで一旦凍結します。理由は後述します。

・麗人関連の話。

麗人の話と少女主人の話は、同じく根底に美という主題があっても趣が違うので、麗人の長い話の推敲と同時に少女主人を書くのは、世界観への出入りにあたって疲れるなと思ったことをきっかけに、麗人の長編の推敲が終わるまでは少女主人の方を一旦お休みにすることにしました。書いているものの温度を揃えた方が効率が良さそうな気がしたので、いつも書いている掌編の方の麗人の話と、推敲3回目の加筆に差し掛かっている長い話を当分は並行していくことになりそうです。締め切りが先なのでだるだるしてしまっていたこともあり、加筆の期限と完成原稿を編集さんにいつまでに渡すと決めて(遅くてもいつまで、のように)集中しようと思います。麗人の長い話の推敲が終わったら、次には長い話で麗人を書く予定はしばらくなさそうなので、それから少女主人の原稿を進めようと思っています。作品の世界観移動をするのにも無駄にカロリーを使うのは非効率だなと思った結果の判断です。

・麗人の長い話の推敲。

ここでは詳細は割愛しますが(格好をつけて企業秘密ということにしたい。笑)分かりやすく伝えるために、今いろいろな、今までしてこなかったことに力を入れています。